振袖の生洗い・しみ抜き

2014-02-24

resize1407

皆様こんにちは~爆笑 今日は都内のK様よりお直しの為振袖のご依頼です。

resize1576

紫も鮮やかな素晴らしいお着物です。しかも友禅、刺繍など完璧と言える加工物の商品で、

思わずため息が出てしまいましたグー。着用時にどうしても汚れてしまうであろう、衿・袖口・裾を

まず、ブラシで丁寧に手洗いします、全体に着用シミが無いかチェックしていきます

ん、んんこれは京都の老舗メーカーの落款では有りませんか!創業450年?だったかな?

さすがいい仕事してますね~

長襦袢・帯なども生洗いしてくださいネ!

resize1581

 

橘の金駒刺繍などは素晴らしいです。

resize1579

全体を軽く洗浄致しまして仕上げ自然乾燥させます。

※着用後、シミがないからとタンスに片づけると時間の経過とともに、箪笥の中で

シミになることが多いので必ずお手入れをしてから仕舞いましょう!

過去の記事はこちら

過去の投稿記事