泥はね

2016-02-08

IMGP3009

お客様は着物が汚れたとき、何処に出すのでしょうか?

クリーニング屋さん、きもの屋さん、ネットで検索してみると着物クリーニング専門とか

沢山出てきますし、値段も色々? デコメ絵文字

正直何処にどのように頼めば良いのかお客様はわからないでしょう!

先日も川口市からお客様がお見えになりました。

 

色無地・長襦袢をお持ち頂き色無地の裾に泥が付いてしまったと・・・

IMGP3010IMGP3012

見てみると水で濡らしたため生地が縮んでいました。

一応、全体の点検をさせてほしいと伝え、確認すると袖口裏や、衿もシミになっていたので

暫く着ないなら「生洗い」しておいた方が良いとお伝えしました。

お客様より「お願いします」と言われ、

「先ほどの泥はね、生地の縮みはついでにやっときます」と伝えたところ・・・

実は、ここに来る前に他のお店に出しましたと言っておられました。

金額を聞いて不審に思い、何もしないで返却してもらったそうです。

その後、ネットで色々と検索して当店にたどり着いたとおっしゃっておられました。

お客様が値段を言っておられましたが、えっ~!震える デコメ絵文字と思うほどの金額でした。

何でもそうですが、安すぎるのもおかしいですし、高いと困りますし、適正な価格でやってもらいたいものです。

お帰りの時、お客様が直接作業する方と話ができて良かったと言っておられましたので嬉しくなりましたよっしゃあ デコメ絵文字 単純ですトホホ・・・

IMGP3013

今回は色無地・長襦袢2点 生洗い・仕上げで税込み9,500円でした。

過去の記事はこちら

過去の投稿記事